2017/07/28

2017年1月23日

ヤモリの飼育ケース、側面に霧吹きで

水をあげるので水滴の跡が跡が残ってしまう。綺麗にしたいなぁ  と、思い

ヤモリ二匹を別の飼育ケースに移す際に

驚いたレオナが自切‼︎ レオナとは別の

場所で勢いよく動くしっぽ。切り口が痛々しい。レオナごめんなさい。。。

しっぽには栄養がたくさん含まれているらしい。シェルターの近くに置いておくね

って レオ、あなたが食べるでなぁい

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

2017/07/05

2016年10月20日

レオが脱走して他のヤモリを捕まえて帰宅。お風呂に入って1日の疲れを癒して

部屋に戻ると何やら壁面に黒い影。。

まだ理解できないのだがレオが戻ってきたのかい?捕まえようとしたら高さ1,8mの

所から大ジャンプ。捕まるとカァーと大きな口を開けて威嚇するも、小さい小さい

レオにされても全然怖くない。むしろ

レオが見つかったことで出来る事なら

ギューとしたいくらい。

もしかしたら戻ってくるかもしれないと

飼育ケースの前にコオロギの入っている

ケースを置いていたのが良かったのか??

めでたくレオも戻り二匹になったニホンヤモリ。もう一匹は。。...

2017/07/04

2016年10月20日

家中探しても見つからず、あまりにも

落ち込んでいるので 見かねたパートナーから

「レオは諦めて、他のヤモリを探しに行く?」と、いう提案が。

昼間の明るい時間帯に街灯や電信柱、少し高い位置にある看板などに

ヤモリの糞がないかチェックしながら見て回る。

20時頃、カニを捕まえる用の網を持って

昼間に目星をつけたいくつかのポイントを

見て回るも姿なし。諦めムードで最後のポイント、スーパーの壁面を見て見ると

あれあれあれ??ヤモリ発見‼︎

網を持った腕を思いっきり伸ばしたら届く場所にいたのを捕獲。

帰りの足取り軽く、ちょっぴりふわふわしな...

2017/07/04

2016年10月20日

毎朝起きるとガラスケースの様子を見るのが習慣になってきた今日この頃。今朝は

なんだか様子が違う。。。あれ、レオが

いない???

蓋の締め方が甘かったようで まだまだ小さいレオには余裕ですり抜けられたみたい。早く探し出さねば 次にレオの姿を

見たときにはミイラになってしまう。

慌てて家の中を掃除しながら探して見るが

見当たらない。

まだまだ小さいのに。

足を怪我しているのに。。

どこに 行ったの??

2017/07/04

2016年10月11日

お家に慣れてくれたようで

タワーにも( ´∀`)

まだアスレチックで遊んでいる姿を

見ていないけれど

寝静まってから遊んでいたりするのかな

2017/07/04

2016年10月8日

初めての爬虫類飼育。

まずはケース。何やら高さのある方が

良いという事なので28cmあるガラスケースを用意。

奥には有孔ボードに迷彩柄を施し、

園芸用ネットでハシゴを作ったアスレチック。

シェルターとタワーは紙粘土で形を作り漆喰を塗りました。

お寺や神社、昔ながらの家でよく見られたのは漆喰からカルシウムを摂取しているのでは?と、いう考えからです。

そして、まだまだ寒いので室内を一定温度に保ってくれる床暖房。

アスレチックで遊んでくれると良いな。

2017/07/04

2016年10月6日

体調7,5cmほどのニホンヤモリ。

LEO(レオ)と、名付けました。

この日は朝から嵐。

良く見るとレオの右後ろ足の指も3本怪我をしている様子。もしかしたら安全な場所に逃げてきたのかな。

2017/07/04

2016年10月5日

買い物に出かけようと玄関を出ると

表札の所にヤモリが。すぐさま確保っ。

この頃、近くの川などで魚を捕まえたり、ドジョウやエビを捕まえて遊んでいたので『何があるかわからない。』と、近所に買い物に行く時もケースを持参していたのが良かった。

買い物中もケースの中を見ながら

ニンマリ( ´∀`)

爬虫類を飼うのは初めて。どんなケースが

良いの?何を食べるの?

お勉強、お勉強。

Please reload

BLOG

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。